近江坂田郡志中巻詳細|滋賀県の長浜歴史書販売 泰山堂

ホーム > 泰山堂トップ > 近江長濱町志 > 近江坂田郡志中巻詳細

近江坂田郡志中巻詳細

 

第一篇 上古史

 

第一章 坂田の名稱
第二章 神話傳説
第三章 天照大神の坂田宮鎭座
第四章 新羅皇子天日槍の吾名邑に來住
第五章 阿那公と息長氏
第六章 日本武尊の膽吹登山
 第一節  玉倉部屋寤泉
第七章 志賀の都前後に於ける息長家の系統
第八章 神功皇后の誕生
第九章 皇室と坂田
第十章 坂田公
第十一章 近江臣の平方
第十二章 古墳の保存
第十三章 坂田と佛敎
第十四章 彌生式土器

 

第貳篇 大化の改新

 

第一章 近江國の設置
第二章 郡の組織
 第一節  郡司
 第二節  主帳主改
 第三節  郡司廳の職分田
第三章 坂田郡家の所在
第四章
第五章 郡境の變遷
第六章 地祥の上申
第七章 壬申の亂
第八章 不破關と固關使

 

第参篇 奈良朝時代

 

第一章 田制
第二章 坂田郡の條里
第一節 山東部の條里
第三章 聖武天皇の頓宮
 第一節  橫川考
第四章 橫川驛
第五章 萬葉集の古歌
第六章 寺田と封戸
第七章 社領
第八章 藤原武智麿の膽吹登山
第九章 奴婢賣買と其證券
第十章 息長氏の在郡と京官
 第一節  在郡の息長家
 第二節  京官の息長家
 第三節  息長氏の京官と位田
第十一章 坂田眞人と穴太氏
第十二章 栗田臣に朝臣姓を賜ふ
第十三章 比瑠臣に淨原臣姓を賜ふ
第十四章 遠江里の富人
第十五章 古瓦と其發掘地

 

第四篇 平安朝時代

 

第一章 筑摩の御厨
 第一節  御厨と其變遷
 第二節  御厨の職制
 第三節  貢進品目及び廢停
第二章 朝妻の古港
第三章 博士の職田
第四章 息長眞人家の改姓
 第一節  坂田宿禰 改姓の系統
 第二節  坂田朝臣
 第三節  南淵朝臣
第五章 穴太氏と息長坂田兩家の譜圖調進
第六章 山津照神社と金勝寺の年分度者
第七章 土地賣買と其證券
第八章 秦人の移住と湖北の養蠶 附麻布
第九章 尾張連貫籍を京師に移す
第十章 延喜式内の神社と式外神社
 第一節  氏神と村民
 第二節  神位階
第十一章 三朱沙門の辨
第十二章 儈三修の膽吹山寺創立
 第一節  膽吹山寺定額に列せらる
第十三章 源賴光膽吹山の賊を討ず
第十四章 平安朝時代に於ける大嘗會と本郡
 第一節  圓融天皇大嘗會の悠紀
 第二節  三條天皇大嘗會の悠紀
 第三節  後三條天皇大嘗會の悠紀
 第四節  六條天皇大嘗會の悠紀
第十五章 莊園
 第一節  莊名鄕名の亂稱
第十六章 土地開墾と陸田の勸勵
第十七章 柏原莊の開墾
 第一節  中宮賢子の薨去と柏原莊
 第二節  寺領租米の不納
 第三節  圓光院領の特權
 第四節  院と莊
第十八章 平治の亂に源賴朝膽吹山より逃げる
第十九章 本郡と山本義經の亂
第二十章 木曾義仲の南上
第二十一章 近江古風土紀の斷片に見ゆる近江の名所

 

第五篇 鎌倉時代

 

第一章 守護地頭の設置と郡司廳の廢亡
第二章 近江の守護佐々木氏
 第一節  佐々木氏の系圖と佐々貴山君
第三章 宿驛の變遷と將軍の通行
第四章 源賴朝筑摩神社を再建せしむ
第五章 後鳥羽上皇の御潜幸
 第一節  宸作の木像
 第二節  七岡山と鳥羽梅
 第三節  日撫神社の參拜
 第四節  山津照神社へ參拜
 第五節  御病氣御平癒の祈禱
 第六節  寺領の寄附と雅成親王の墓
 第七節  諸神岡の行幸
 第八節  下坂邸の行幸
 第九節  刀劔の鍛冶
 第十節  鳥羽杉
 第十一節  布施寺御參拜
 第十二節  朝妻港より還幸
 第十三節  采女豐菊
第六章 柏原彌三郎の討伐 一名膽吹彌三郎
第七章 承久の變に坂田郡の兵事
第八章 佐々木分れて二家となる
 第一節  京極氏の城館
 第二節  京極氏の系圖
 第三節  京極氏世代畧傳 近江關係の部分
第九章 大原鄕と大原氏
第十章 太政官牒を下して淸瀧神社に雨を祈らしむ
第十一章 延暦寺領と日吉社領
 第一節  日吉社領と近江の各郡
 第二節  坂田莊
 第三節  平方莊
 第四節  細江莊
 第五節  富永莊
 第六節  大原莊と箕浦莊
 第七節  寺領の橫奪
第十二章 後鳥羽院御影堂料と鳥羽上莊
第十三章 膽吹四大寺の爭論平和と神祭佛會
第十四章 後醍醐天皇中宮平産の禱と膽吹山寺
第十五章 源中納言具行卿の最後
 第一節  具行卿の素姓と官歷
 第二節  後醍醐天皇討幕の計敗れ笠置山潜幸
 第三節  笠置の戰
 第四節  具行卿捕へらる
 第五節  具行卿斬罪に決し柏原に護送さる
 第六節  具行卿の最後
 第七節  具行卿の墓
 第八節  具行卿の室尼となる
 第九節  祭粢料の御下賜と祭典

 

第六篇 南北朝時代

 

第一章 京極道譽足利高氏を番場に饗す
第二章 北條氏の末路
 第一節  守良親王の太平寺幽棲
 第二節  番場の蓮華寺合戰
 第三節  仲時の自殺從士の殉死附蓮華寺過去帳
 第四節  公卿の斷髻
 第五節  太平護國寺の行宮
第三章 足利尊氏筑摩神社の社領を安堵せしむ
第四章 足利尊氏藤原重俊に多良川の梁を知行せしむ
第五章 戰爭と地理
第六章 南朝方の根據地太平護國寺
 第一節  南朝の主將尾崎宮
 第二節  膽吹山の戰
第七章 南朝黨の遺跡
 第一節  多賀左近將監正信の居趾
 第二節  篠塚伊賀守重廣の居趾
 第三節  五辻宮の遺跡
第八章 宮方并に武家方と社寺
 第一節  後醍醐天皇綸旨を觀音護國寺に下さる
 第二節  光嚴上皇院宣を下して山津照神社を修造せしめらる
 第三節  後村上天皇綸旨を下して名超寺に祈禱を修せしめらる
 第四節  足利尊氏名超寺に禁制を寄す
第九章 足利氏の驍將下坂治部左衛門
第十章 本郡と大軍の往還
第十一章 京極道譽の人格
 第一節  京極道譽の文學
 第二節  京極道譽の能樂

 

第七篇 室町時代

 

第一章 莊園時代に於ける諸職名
第二章 本郡と神宮の御厨
第三章 土地賣買と其證券
第四章 正税と附加税
 第一節  後花園天皇の内裏造營と段錢國役 近江全國
 第二節  德政の一揆
第五章 後土御門天皇の大嘗會と本郡
第六章 新關の設置と通行税
第七章 平方市座と河道濱平三郎の訴訟
第八章 京極六角同族の不和
第九章 應仁の亂の影響
 第一節  一條兼良卿の朝妻港上陸と本郡通過
第十章 京極氏の衰運
 第一節  京極高淸の相續と一族の内訌
 第二節  黑田政光と京極政經
 第三節  京極高淸と政經
 第四節  多賀大成の亂と國友の戰
 第五節  京極光祿の來侵
 第六節  高淸と政經との黨爭
 第七節  京極政經箕浦庄内の土肥氏の領を奪ふ
 第八節  京極氏と齋藤氏
 第九節  宮部合戰
 第十節  足利良遐の將軍宣下と京極政經
 第十一節  樋口合戰
 第十二節  京極政經本郡相撲の保並に淺井郡南北庄を永安寺に寄附す
 第十三節  今濱の戰
 第十四節  梓河内に於ける京極氏の隱城
第十一章 京極高淸の成功
 第一節  上平の築城
 第二節  足利義尹義澄の爭ひと諸將の催促
 第三節  京極氏の進物
 第四節  細川高國の入洛と高淸
第十二章 京極高淸の末路と淺井三代記
 第一節  上坂治部の執政について
 第二節  永正七年の戰に就て
 第三節  高淸の卒去年月
 第四節  上坂泰貞と上坂信光
 第五節  上坂治部の卒去
第十三章 京極高延の相續と其末路
第十四章 京極氏の被官と支族
 第一節  多賀氏
 第二節  長岡氏
 第三節  加賀氏
 第四節  黑田氏
 第五節  若宮氏
 第六節  大津氏
 第七節  隱岐氏
 第八節  上坂氏
 第九節  下坂氏
 第十節  慶儈氏
 第十一節  今村氏
 第十二節  伊吹氏
 第十三節  小足氏
 第十四節  箕浦氏
 第十五節  鄕村に割據せる武士と市豪
 第十六節  近江井關と假面
 第十七節  上坂織部の最後と其妻の壯烈

 

第八篇 淺井時代

 

第一章 淺井氏の勃興
 第一節  淺井氏の系圖を論ず
 第二節  淺井三代の稱
 第三節  亮政の興起と六角氏の京極氏應援
 第四節  箕浦合戰
 第五節  亮政江北を領す
 第六節  亮政總持寺に逗留して祈禱を行はしむ
第二章 淺井政種神馬料を八幡神社に獻ず
第三章 今井氏と箕浦庄
 第一節  今井氏の苦境と進退
 第二節  今井氏の遺族六角氏に倚る
 第三節  嶋秀安今井氏の名代となる
第四章 亮政の退隱と卒去
第五章 淺井久政の治世
第六章 今井定淸の歸庄
 第一節  今井氏心を六角氏に傾く
 第二節  淺井氏の兵今井邸を攻む
 第三節  今井定淸淺井氏に應ず
 第四節  今井定淸の流浪と歸庄
第七章 淺井長政の家督相續と改名
第八章 四木合戰
第九章 太尾城の回復と今井定淸の最後
 第一節  淺井長政定淸の死を悼む
 第二節  磯野丹波守起請文を今井一族に送る
第十章 今井小法師と織田氏の關係
 第一節  淺井氏今井一族を誘ふて歸參せしむ
 第二節  今井氏の末路
第十一章 京極高廣興復を計りて成らず
第十二章 京極高慶の興復成らず
第十三章 淺井長政兵を出して六角氏と戰ふ 野良田合戰
第十四章 織田信長と淺井長政
 第一節  信長と成菩提院 附遠藤喜右衛門の燗眼
 第二節  信長と長政の平和破裂
 第三節  長政の戰闘準備と朝倉氏の應援
第十五章 堀氏の將樋口三郎兵衛信長の勸降に應ず
第十六章 堀氏の降と今井一族
第十七章 陣儈
第十八章 戰亂の及ぼせる植産荒廢と史蹟破潰

 

第九篇 織田豐臣時代

 

第一章 姉川の戰
第二章 佐和山城の長圍
第三章 淺井朝倉と本願寺の連絡
 第一節  淺井氏と江北十箇寺
 第二節  織田氏と淺井朝倉兩氏との媾和
第四章 磯野員昌の佐和山開城
第五章 朝妻太尾の兩開城と其守將
第六章 新莊氏
第七章 媾和破裂後の淺井氏
第八章 淺井七郎十箇寺の一揆を率いて堀氏の城を攻む
第九章 信長江北に進み所々に放火す
第十章 國友河原の戰
第十一章 信長江北に出没して淺井氏を苦しむ
 第一節  滯陣士卒の踊りと歌
第十二章 信長朝妻港に大船を造らしむ
第十三章 淺井氏の滅亡
 第一節  淺井氏滅亡後の處分
 第二節  淺井氏と德勝寺
第十四章 堀秀村と樋口三郎兵衛
 第一節  堀次郎秀村と堀久太郎秀政
 第二節  佐和山城と堀秀政
第十五章 織田信長と京極高次
第十六章 近江國と切支丹宗
 第一節  京極氏と切支丹宗
第二節 膽吹山の藥園
 第三節  明暦年間近江國より出でし外敎信者
第十七章 國友鐵砲の創業
第十八章 木下秀吉湖北を領す
第十九章 木下秀吉と今濱城
 第一節  今濱城と今濱氏
 第二節  今濱城の再興
第二十章 秀吉今濱を長濱と改む
 第一節  秀吉出陣に係る土謠
第二十一章 木下秀吉の初政
第二十二章 信長の行賞
第二十三章 信長田那邊城介をして尾張に鶴を取らしむ
第二十四章 石高の始稱
第二十五章 秀吉羽柴筑前守となる
第二十六章 秀吉觀音寺に茶亭を建つ
第二十七章 秀吉石田七條八條今川四村の荒田の租を半減す
第二十八章 八幡神社と羽柴秀吉
第二十九章 秀吉の亡兒と妙法寺
第三十章 長濱城と代官
第三十一章 木下秀吉藩州書寫山の佛像を知善院に寄す
第三十二章 秀吉と長濱の船持
第三十三章 明智光秀の亂と長濱城
第三十四章 秀吉と京極高次
第三十五章 淸洲會議と長濱城
第三十六章 秀吉丹羽長秀と連名の制札を本郡の所々に建つ
第三十七章 秀吉柴田勝家と對抗
 第一節  村落放火と築砦
 第二節  賤ヶ岳の戰と本郡
第三十八章 大坂築城と本郡
第三十九章 秀吉の尾濃征伐と長濱町民
第四十章 秀吉麾下の武將
第四十一章 加藤淸正と長濱
第四十二章 山内一豐と長濱城
 第一節  一豐の素生
 第二節  一豐が長濱の封地と古文書
 第三節  一豐と朝妻港
 第四節  一豐の妻若宮氏
 第五節  長濱城と地震 一豐の女壓死
 第六節  一豐の母法秀院と其墓
 第七節  宇賀野に傳はる傳説
 第八節  史書記錄に見ゆる説
 第九節  山内家の移封と江北より隨從の士名
第四十三章 岡崎殿の入嫁と人夫の徴發
第四十四章 秀吉大佛造營と朝妻港
第四十五章 西尾豐後守と長濱城
第四十六章 淺野長政と長濱
 第一節  秀吉銀吹立を長政に命ず
 第二節  秀吉長政に川留土工を命ず
第四十七章 田中吉政と其妻並領地
第四十八章 九州征伐と本郡
 第一節  成菩提院の慰問
第四十九章 大野木甚之丞等淀君を小田原陣に送る
第五十章 本郡の檢地
 第一節  斗代
 第二節  檢地見舞
第五十一章 秀吉社寺領に再び折紙を與ふ
第五十二章 秀吉長濱町に三百石の地を免除す
第五十三章 禁中の用材と朝妻湊
第五十四章 秀吉の朝鮮征伐と本郡
 第一節  長濱水手の徴發
 第二節  本郡の從軍槪數と近江出身の武將
 第三節  社寺の慰問
 第四節  長濱町民の慰問
第五十五章 長濱町民の鑄錢と停止
第五十六章 石田三成
 第一節  石田氏の系
 第二節  石田氏と京極氏
 第三節  三成の幼時
 第四節  三成の立身
 第五節  三成佐和山城主となる
 第六節  領内の行政
 第七節  石川五右衛門の橫行と取締
 第八節  農民の轉住防止
 第九節  火之用心掟
 第十節  石田正繼の執政
 第十一節  石田正繼の性格
 第十二節  石田正繼と上坂信濃守
 第十三節  政繼の畫像と賛辭
 第十四節  三成と佐和山城
 第十五節  三成長濱の舟持に命じて炭を佐和山に送らしむ
 第十六節  三成の重臣島左近
 第十七節  三成國友の砲工に領地百石を與ふ
 第十八節  三成佐和山に引退す
 第十九節  佐和山の謀議
 第二十節  三成國友の砲工に新製を禁ず

 

第十篇 德川時代

 

第一章 關ヶ原の戰と本郡
 第一節  島左近の勇戰
 第二節  國友鍛冶と家康
 第三節  小早川秀秋と成菩提院
 第四節  奥田藏人家康の將軍祈禱を爲す
第二章 家康本郡の諸村に禁制を令す
第三章 佐和山落城石田正繼正澄等の戰死
 第一節  佐和山城の設備
第四章 戰後の處分
 第一節  石田三成の捜索
 第二節  家康鄕村の武士に知行を安堵せしむ
 第三節  家康離散の民を安堵せしむ
 第四節  家康諸寺を安堵せしむ
第五章 石田三成の末路と死後
 第一節  當時の俗謠と落首
 第二節  德川光圀西鄕高盛の三成觀
 第三節  三成の作善
第六章 圓鑑國師三成の遺骸を葬る
第七章 井伊氏の提封と本郡
 第一節  井伊氏の移封と彦根築城
 第二節  井伊氏の畧系
第八章 慶長七年の檢地
第九章 幕府領と代官
 第一節  本鄕代官所の廢止
第十章 一里塚の築造
第十一章 岩脇布と特許
第十二章 米原港と北村源十郎
 第一節  朝妻港と角倉與一の川舟
 第二節  多良梁と角倉與一の川舟
 第三節  米原港の成功
 第四節  眞黑丸と眞赤丸
第十三章 内藤信成長濱に封ぜらる
 第一節  内藤氏と堅田漁夫の爭ひ
 第二節  信成の卒去と内藤氏の移封
第十四章 京極高次と本郡の從士
第十五章 柏原御殿
 第一節  其創立
 第二節  その修繕と賦役の村名
 第三節  その廢止と將軍の休泊數
第十六章 大坂陣後の彦根藩令
第十七章 國友鍛冶の成功
 第一節  家康並土井利勝の誂銃
 第二節  上杉景勝砲工を米澤に召す
 第三節  家康國友鍛冶の掟を定む
 第四節  家康國友鍛冶に扶持米を與ふ
 第五節  慶長十五年の大鐵砲
 第六節  大坂冬陣と國友鐵砲
 第七節  大坂夏陣と國友鍛冶
 第八節  家康國友鍛冶に賞を與ふ
 第九節  慶長年間の鐵砲の價格
 第十節  德川秀忠秘砲を作らしむ
 第十一節  鍛冶年寄役の將軍謁見
 第十二節  德川家光と國友鐵砲
 第十三節  連發銃の創製
 第十四節  小判堆き國友村
 第十五節  武庫の鐵砲掃除
 第十六節  鐵砲鍛冶の組織と出府中の給料
 第十七節  牧野信成和蘭陀國に銃を誂ふ
 第十八節  德川家治の誕生と國友鐵砲
 第十九節  終説
第十八章 井伊直孝長濱町の朱印地を檢せしむ
第十九章 宿驛と街道
 第一節  德川時代の宿數
 第二節  路傍の並木
 第三節  掃除丁場
 第四節  傳馬法人馬賃金
 第五節  宿の常設人馬 人足 木賃
 第六節  助鄕
 第七節  人馬勞役數の一斑
 第八節  例幣使と御茶壺通行
 第九節  飛脚と運賃
 第十節 宿驛の名物
第二十章 延寳の檢地
 第一節  延寳檢地帳の記載方
 第二節  斗代
 第三節  特殊の檢地
第二十一章 宮川藩の創立
第二十二章 諸侯及旗本の領地
 第一節  京極氏領
 第二節  柳澤氏領
 第三節  加藤氏領
 第四節  水野氏領(紀伊)
 第五節  水野氏領(羽前山形)
 第六節  成賴氏領
 第七節  旗本領
第二十三章 朱印地
第二十四章 各村領主表と符別圖
第二十五章 高札場
第二十六章 幕府採藥士の膽吹登山
第二十七章 皇城御造營と用木
第二十八章 德川幕府の行政視察
第二十九章 租税
 第一節  租率
 第二節  大豆納租と銀納
 第三節  竹年貢
 第四節  葭年貢
 第五節  入江年貢、川年貢漁網税等
 第六節  租米割附の時の庄屋の獻立
 第七節  租米の運送と大津の倉庫
 第八節  領主と大津の倉庫
第三十章 勢田川土砂留工事と費用
第三十一章 物價の一斑
第三十二章 度量衡と檢査
 第一節  尺度
 第二節  量
 第三節  衡
第三十三章 朝鮮人の來聘と本郡
 第一節  來聘使の沿道と其狀况
 第二節  來聘の度數と使者並に其一行
 第三節  來聘使磨針嶺に詩を詠ず
第三十四章 宗門檢査と戸籍
第三十五章 英一蝶と朝妻船
第三十六章 濱縮緬の創業
第三十七章 彦根藩領内の篤行者
第三十八章 報恩祭
 第一節  今村の底樋祭
 第二節  公事祭
第三十九章 長野主膳の志賀谷村棲居
第四十章 雜記
第四十一章 和宮親子内親王の御降嫁と本郡御通輦
第四十二章 彦根藩の運河設計
第四十三章 德川家茂の上洛と本郡

 

←戻る

ホーム泰山堂トップ会社案内近江長濱町志近江坂田郡志購入お問い合わせサイトマップ

Copyright(c) TAIZANDO All rights reserved.